日常に潜む危機

日常に潜む危機

日常には危機がある

日常には危機があることを認識しておくべきです。

 

 

どんなことにもある程度のリスクがあることと、リスクが現実になった場合どういった結果になるのかということは必ず計算するべきだと思います。

 

誰もが楽しく過ごしたいのですが、しかしそうばかりも言っていられないのが現実です。

 

 

たとえば男性であれば風俗に行けば性病も怖いですし、出会い系などを使ったって性病もありえますし、まただまされるリスクもあるのです。

 

性病になることが怖いなら風俗行くなということを言いますが、風俗行ったって性病にならないのが一番だと思うのです。

 

 

誰だって健康的にファッショナブルに遊びたいはずです。

 

 

人間に生まれたからには、楽しまなければ損だと思うのが、私の信条です。

 

もちろん人によっては考えが違う人もいるでしょう。しかし、制約ばかりに人生を親から押し付けられるような生活よりも自分で切り開いて楽しんだほうが、自分の人生が終わるときに何を感じるかが違ってくるはずです。

ビジネスからカジュアルまで幅広く対応できる革靴は、メンズファッションにおいて最も身近で重要なアイテムの一つです。
しかし、身近なアイテムであるからこそ付き合い方が難しいものでもあります。
よく踵が踏みつぶされた靴や革が破けてしまった靴を履いているサラリーマンをかけます。
「お洒落は足下から」と言いますから、やはり身だしなみとして靴のメンテナンスはきちんとしておくべきかと思います。
また一方で、どんどん新しい靴を購入していく人も多いかと思います。
確かに見栄えよくはなるのですが、常に新しい靴だと靴本来のが活かしきれないように思えます。
プライベートで履く革靴も、ビジネスで履く革靴も同じように扱うべきです。確かにプライベートはリラックスをしたい場面はありますが、
アイテムをきちんと綺麗に扱えないのは私は好きではありません。特に30代の独身ともなればある程度お金に余裕が出てくるはずです。ファッションスタイル
本来の革靴は長年履き続けて味を出していくものです。
自分の歳とともに深みをかけいった革靴こそが真のお洒落アイテムかと思います。
また、革というのは動物一頭、一頭から作られる貴重なモノです。
雑に扱うのではなく長年履きこなして味のある一品に仕上げていきたいものです。

 

続きを読む≫ 2014/07/06 16:54:06
ホーム RSS購読 サイトマップ